初めてのバドミントン生観戦のススメ

最近、リオオリンピック、トマス杯・ユーバー杯と日本勢の活躍が続き、そこからバドミントンを知った方も多いのではないでしょうか?
テレビで結果を知って、選手を好きになったけど、まだ生で観戦したことはない!
そんな方、超もったいないです!!
バドミントンは選手と観客の距離が近く、応援が選手に届きやすいため、生観戦するとまた違った魅力がたくさん出てきます!

そこで今回は、私が普段バドミントン選手を追っかけている経験?を元に、オススメの観戦方法をまとめました!
まだまだ追っかけ暦5年と、若手のひよこまめですが、私なりの追っかけ方法をまとめたので参考になると幸いです。
ちなみにひよこまめが東京在住のため、観戦のしやすさは東京から行きやすいかどうかも含まれていますので、ご了承ください。

ヨネックス秋田マスターズ2018・7/24~29@in CNAアリーナ★あきた


大会HP:http://akitamasters-badminton.com/
観戦のしやすさ   やや遠い
選手との距離感  やや遠い
出場選手の豪華さ そこそこ豪華

今年から新たに開催される、海外の選手も参加する公式の個人戦です!
世界選手権前なので日本代表の一部は参加せず、また同時期に海外で別の個人戦が開催されているため、日本代表でなくても参加しない選手は出てきますが、特に東北地方の方は海外の選手も秋田に集まるということで大注目の試合です。
出場選手も現時点で公表されているので、興味のある選手が出るという場合は是非足を運んでみてください。

出場選手はここから見れます!

また、世界ランクが上位ではない選手は、ダイハツ・ヨネックスジャパンオープンに出場できない可能性もあります。
そのような選手は逆に世界ランク上位が出てこない秋田マスターズだからこそ出場できる!活躍できる!というケースもあります!

去年の情報がないので、ダイハツ・ヨネックスジャパンオープンのようにサイン会が開催されるのか?等わからない点は多くありますが、BWF Tour Super 100に指定されている(正式な国際大会として認められている)ので、選手が観客席をウロウロしていたり、選手にファンが気軽に話しかけられたり・・・ということはなさそうです。

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018・9/11~16@武蔵野の森総合スポーツプラザ


大会HP:http://dyjapanbadminton.com/2018/
観戦のしやすさ   割と行きやすい
選手との距離感  遠い
出場選手の豪華さ とても豪華

東京に住んでいる方であれば、ダイハツ・ヨネックスジャパンオープンが初観戦にはもってこいです!
ダイハツ・ヨネックスジャパンオープンも、海外の選手も参加する公式の個人戦ですが、BWF Tour Super 750に指定されており、かなりレベルの高い大会となります。
つまり、日本代表選手もほぼ全員出場し、海外の有名選手も来日するので、知っている選手の試合を見れる確率が高い!
また、例年は抽選で当たればサイン会に参加できるので、運が良ければ選手と話せるかも!という点も魅力的です。

ただ、例年この大会は観客数も多く、選手の近くで見たいのであれば早い時間から入場列に並んで場所取りが必要です。試合時間に会場に行くと、スタンド席の端っこにしか座れない・・・ということも多々あるので、近くで見たいのであればアリーナ席やアリーナサイド席を購入するのが良いかもしれません。
また、ランクの高い国際大会のため準決勝・決勝にお目当ての選手が勝ち残るかわからないのも注意したい点です。

とりあえず一回行ってみようかな!という方は準決勝・決勝のスタンド席にオペラグラスを持って参加するのがオススメです。
「この選手が見たい!」と決まっている方は、平日に有給を取って、一回戦を見に行けば確実に一試合はその選手の試合が見れます。

ちなみにひよこまめは日本代表の井上・金子ペアを応援しているので、毎年ドローを見て平日のどこか1日でスタンド席前列で確実に好きなペアの試合を見て、それにプラスアルファで準決勝・決勝は誰が出るにも構わずに、世界トップレベルの戦いを見るために、スタンド席のチケットを取って観戦に行っています。

こちらも、正式な国際大会なので、選手が観客席をウロウロしていたり、選手にファンが気軽に話しかけられたり・・・ということはなさそうですが、司会の人が応援の仕方を誘導してくれるので、会場全体で日本代表を応援できる空気も味わえます。超オススメです。

ちなみに、7/7からチケットの販売が開始されるので、準決勝・決勝のチケットは早めに押さえたいところです。
ローソンチケット

全日本総合選手権大会・2018/11/27~12/3@駒沢オリンピック公園総合運動場体育館

※写真は去年のポスターです。
公式HP:https://www.badminton.or.jp/2018/alljapan/index.htm
観戦のしやすさ   割と行きやすい
選手との距離感  やや近い
出場選手の豪華さ とても豪華

「日本人同士の試合がみたいな」「好きな選手が国際試合に出れるほどまだ世界ランクが上がっていないな」「日本人同士の試合がみたいな」という方にオススメの、日本国内の中で頂点を決める個人戦の大会です。日本の有名なバドミントン選手〜実業団選手はほとんど出場します。
この大会で優勝すると、来年の日本代表に決定すること。また、この大会後に来年の日本代表が発表されることから、とても緊張感のある試合が続く一方で、負けた選手が普通に観客席で観戦していたりと、選手との距離感は案外近いです。

国際大会では負けた選手が試合を見るスペースが観客席にしっかり作ってあるのですが、この大会ではそのエリアがないので、必然的に選手が客席に上がってくる可能性が高いです。(ちなみに、マナーとして試合前の選手に写真やサインをお願いするのはやめましょう!!試合後に!!)最終日の表彰式まで残るファンは本当に一部なので、そこまで残ればお目当ての選手と会話することもできるかも??

日本人同士の日本代表をかけた熱い試合が見られる良い機会ですが、チームの関係者や一部のコアなファンが応援しているだけで初めての観戦の人が声をかけやすいような工夫や、国際大会のようなオシャレな照明による演出は残念ながらありません。ただ、かなり熱い試合が繰り広げられる一方で有名選手がそこら辺を歩いている面白い環境なので、選手を身近に感じたい人にはとてもオススメです!

S/Jリーグ・2018/12/8~2019/2/17まで随時@全国各地

大会HP:https://www.sj-league.jp/
観戦のしやすさ   場所による
選手との距離感  割と近い
出場選手の豪華さ そこそこ豪華

さて、上記3つは個人戦ですが、こちらは国内の団体戦です。
実は、バドミントン選手は皆んなどこかしらの企業に属していて、その企業対抗の団体戦がS/Jリーグです。
例えば、リオオリンピック金メダルのタカマツペアは日本ユニシス、男子シングルスで人気の桃田賢斗選手はNTT東日本、男子ダブルスで有名なソノカムペアはトナミ運輸という風に、日本代表でも所属チームはバラバラなのです。
そのため、お目当ての選手が決まっていたり、どこかのチーム全体を応援したりしている人にとっては、この団体戦が毎年の楽しみです。

良い点としては、企業の応援団が応援合戦をするため、それに合わせて応援がしやすいということ。チームごとのチアスティックが配られることが多く、初めての観戦でもそれをバンバン叩いて気軽に応援ができます。また、会場によってはサイン会があったり、選手が気軽に観客席に上がってくることもあり、選手とファンとの距離感が近いということです。また、好きな選手が同じチームの選手と一緒に応援している姿など、試合以外の素顔に近い姿も見ることができるのも団体戦ならではです。

注意点としては、企業の「団体戦」のため、お目当ての選手が試合に出るかどうかが当日まで分からないという点です。地方大会が多いため、地方まで応援に行って、お目当ての選手がでないことが当日にわかる!ということもありますし、国際大会を優先して会場にすらお目当ての選手がいない!ということもありえます。
また、企業がスポンサーとして席を買っているため、お目当ての選手の目の前の席は企業の社員の人限定席になっている場合もあります。去年の最終戦はそのため立ち見が続出する事態になり、今年はどうなるか心配でもあります。
加えて、チケットが現地のバドミントン協会で販売されるため、事前にチケットの入手が難しいという課題もあります。ただ、去年はひよこまめが遠征した那覇・米子・戸田会場は全て当日券が発行されていたので、地方のチケットはほぼ心配しなくて大丈夫かと思います。

自分が好きなチームを全国追いかけ回すもよし、自分の地方に試合にきてくれたチームを応援して見るもよし!!大体、S/Jリーグで選手との距離感の近い団体戦を一度味わうと、そのあと好きなチームと選手が雪だるま式にどんどん増えて、バドミントン沼に引きずり込まれていくパターンです笑
ひよこまめは日本ユニシスチーム自体も追っかけしているので、イノカネが海外遠征中だろうが試合に出ないとわかっていようが今年もユニシス男子を全追いする予定です!!
まだ、どのチームがどこで試合をするか現時点で発表されていないので、公式HPを発表されたら要チェックですね!

ちなみに、国内大会の追っかけだけでは物足りなくなっているあなた!
次回、国際大会を日本から応援する方法についてもまとめるので、是非そちらもご覧ください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA