海外のバドミントンの試合を国内から応援する方法

はろー。インドネシアオープンでイノカネが準優勝して、とってもご機嫌なひよこまめです。

さて、今回は予告通り「海外で試合している選手を日本から追っかける方法」についてお話しします。
というのも、バドミントンの選手(特に日本代表に選ばれている選手)は年間の2/3ほどは海外で試合をしています!
もちろん、海外まで試合を見に行ければとっても嬉しいのですが、正直自分の仕事もあるし、そうもいかないですよね・・・。
そこで、日本からでもSNSなどを介して選手を応援する方法をご紹介します!

1.好きな選手のチームとその選手が日本代表に選ばれているかを事前に確認

バドミントンの日本代表にはA代表とB代表があり、毎年選考があり、それぞれ選ばれている選手がいます。
日本バドミントン協会・代表メンバーのページから確認できるので、まずは自分の好きな選手・追っかけたい選手が代表に入っているかどうか確認しましょう。
例えば私の応援している「井上拓斗・金子祐樹ペア」は日本A代表に入っているのがわかります。

また、代表に選ばれていない場合は、「選手名 バドミントン」でgoogle検索してどこのチームに所属しているかを確認しておきましょう。代表選手でなくても、自費で海外遠征をすることがあるのですが、その場合はチームでまとまって行くことが多いので、チームの確認が必要です。
例えば「井上拓斗 バドミントン」で検索すると、日本ユニシスというチームに所属していることがわかります。

2.好きな選手の遠征スケジュールを事前に確認

日本代表に選ばれている選手であれば、日本バドミントン協会のHPに年間の試合予定が載っているので、それをみれば今何の試合に出ているのか、又は試合前の国内合宿中なのかがわかります。
日本バドミントン協会・代表選手スケジュールのページ
例えば、私がこの記事を書いている2018/7/9現在はA代表は「タイオープン」に出場のため海外遠征中(赤ライン)。B代表はシンガポールオープンに向けて国内遠征中(青ライン)。ということが分かりますね。

また、代表選手に選ばれていても、怪我や事情で指定されている大会に出ない選手もいます。そこで、自分の好きな選手が参加するのかどうかを、新着情報から確認します。
日本バドミントン協会のHPの一番下まで行くと、新着情報があります。

例えば、A代表がタイオープンに行くのはわかったけど、「井上拓斗・金子祐樹ペア」も出るのかが確認したい時は、その試合の「選手団派遣について」という情報を探します。

そしてクリックすると、大会に出場する予定の選手の一覧や大体のスケジュールが記載されています。


これをみれば、例えば「井上拓斗・金子祐樹ペア」はマレーシア・インドネシア・タイオープン全て出場するんだ!ということが分かりますし、例えば桃田選手のファンであれば、マレーシア・インドネシアは出場するけど、タイオープンには出場しないんだ。ということが分かります。

また、代表選手でなくとも、海外の試合に出場する場合には基本的に「●●大会 参加者更新」という形でここに情報が載ることが多いので、よくチェックしておけば選手の試合の見逃しも防げます!!

3.参加する大会の試合日時と日本との時差と事前に確認

ここまで確認ができれば、後は大会の公式HPを確認するだけです!
BWFWorldTourのHPの下の方に、NEXT Tournamentsというのがあるので、直近で開催される大会はその下に載っています。そこに表示されていない場合は、の横のAll Tournamentsを押すと、年間の全ての試合がスケジュール順に表示されます。

注意したいのは、日本では「タイオープン」と呼ばれていても、正式名称にはスポンサー名が頭について「TOYOTA THAILAND OPEN 2018」となることです。そのため、「バドミントン タイオープン 2018」とgoogleで検索しても、このページにたどり着けない場合があります。

ここから応援したい大会のHPにたどり着ければ、試合時間や大会ドロー、選手が出る種目など、欲しい情報は全て載っています。大会期間中はブックマークしておくと、すぐにページに行けて便利です。
例えば、タイオープンだと、このページに移動します。

ResultのページではDraw(大会ドロー)を見ることができます。

自分の好きな選手がシングルス・ダブルスどちらを専門としているかはあらかじめ知っておいた方が探しやすいのですが、MD,WDの選手同士が組んでXDにも出場することもあるので注意が必要です。また、代表選手ではない若手の選手は、シングルスとダブルスどちらにもエントリーしている場合もあるので、ドローは要チェックです。
慣れてくると、このドローを見るだけで「何日が正念場になりそうだな」「ここは誰が勝ち上がってくるかな」と楽しむことができます。

また、Resultのページでは日付を選ぶことでその日のスケジュールが確認できます。ここでは現地時間で表記されているので、例えばタイオープンの場合は表記の時間に+2時間して考えておけば、日本でリアルタイム(通称リアタイ)で応援することができます!私は大体前日か当日の朝にここのスケジュールを確認して、仕事中にこっそり応援するのか、昼休みをずらしてご飯を食べながら応援するのか、仕事を終わらせてからゆっくり応援するのか、自分のスケジュールを決めています笑

こんな風に試合結果も含めて表示されます(別の大会時の写真です)

番外編1:バドミントン大会略語表記まとめ

MS→男子シングルス
MD→男子ダブルス
WS→女子シングルス
WD→女子ダブルス
XD→混合ダブルス
QF(Qualification)→本戦出場前に行われる、予選
ライスコ→ライブスコアの略。リアルタイムで試合結果が更新される便利なツール
リアタイ→リアルタイムの略。試合時間と同時に試合結果を追うこと

番外編2:実は頻繁に起こる!大会公式HPの更新が遅い時は?

前日になっても上記の大会公式HPの更新がされていない、明日の試合時間が見れない・・・という時がたまにあります。
そういう時はBWFトーナメントのHPを確認してみてください。
検索窓に大会名を入れてGOボタンを押すか、直近の大会であれば大会名が左に表示されているので、大会名を選択します。

遷移先の大会のページで、Drawsを選択し、種目を選択すれば、トーナメント表を見ることができます。

このトーナメント表は勝ち上がるとその結果が反映され、次に誰と対戦するのかがわかりやすいのが便利です!

遷移先の大会のページで、Matchsを選択し、日付を選択すれば、その日の試合時間や試合後は試合結果を見ることができます。

4.試合が始まったらどこを見れば良いのか?

先ほどブックマークしておいた、大会公式ページのLIVEのページで、ライブスコア(点数表)が見れます。
公式動画やテレビ朝日CSチャンネルで動画がある場合も稀にあるのですが、多くの場合は選手の動画を見ることができないため、心の中で好きな選手を思い浮かべながら、この点数表とひたすらにらめっこします。これが俗に言うライスコ応援(ライブスコア応援)です。

こんな風に表示されます(別の大会時の写真です)

また、大会によってはBWFの公式youtubeから動画が見れることがあったり、別のyoutubeのチャンネルで生放送している人がいたりするので、要チェックです!!

また、BWFトーナメントのHPからもライブスコアが見れます!大会名を選択してDrawやMatchsタブを選択中に右のほうに「Live Score」と「Click here」が交互に表示されるボタンがあるので、そこを押すと

現在進行中の試合のライブスコアが見れます!つまり、ここからもリアタイでライスコ応援ができますね!!

おまけ:こんな面倒臭いこと毎回できるか!!って方へのオススメ

ただ、正直ここまで解説しましたが、毎回これやるのは相当面倒臭いです。選手への愛情を持って乗り越えていますが、本当に面倒・・・。
「そこまでしたくはないけど、試合時間とかだけ教えてくれる人いないの?」と思った方は、ぜひtwitterでその人を熱烈に応援しているアカウントをフォローしましょう。

例えば、「井上拓斗・金子祐樹ペア」であれば、私ひよこまめ(hiyoco_beans210)をフォローしてもらえれば、明日何時に試合をするだの、今から試合が始まるだの、結果がどうなっただの、全て私がつぶやきます笑
そんな風に熱心なファンの人を探してフォローすれば、自動で情報が得られるのでとても楽に応援できます。
また、自分のファンの試合情報などを見落としていた時に、他のファンの人のツイートのお陰で拾えることもあるので、SNSは情報収集の意味でもとても便利です。

え?まだ選手が有名になってないから、ファンの人が見つからない?
おめでとうございます!!それは、あなたが一人目の熱心なファンになるチャンスです!!
選手も結構SNSは見てくれているので、毎回ツイートすれば選手も喜んでくれること間違いなし!是非、一緒にバドミントン界を盛り上げましょう!

さて、今回は海外の大会を日本から応援する方法について書きました。いつかはバドミントンの応援目的で海外遠征して、是非「日本から海外に応援しにいく方法」を書きたいですね!予算と日程の都合がつけば・・・いつになるやら笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA