2018SJリーグをいまさら振り返る

さて、2018SJリーグも今更振り返りたいと思います!
実はSJリーグの途中で私が沖縄転勤になりまして・・・笑
それでバッタバタで全然更新できていなかったんですが、イノカネを応援した記録はせっかくだから残しておきたいなあ〜ってことで頑張って書いていきます。
そういえば、今回初めてユニシス男女全部の試合を見に行きました!!最高に楽しい週末でした!!!!!
いつも通り、ユニシス男子のファン目線で自由気ままに振り返ります!

開幕戦高岡大会でユニシス男子が黒星


今回から2つのブロックの総当たりになったSJリーグ。ファンとしては、試合数が減って応援できる機会が少なくてめっちゃ寂しい気もするのですが、選手の負担が減るのは良いことなのでまぁうん。何も言うまい。
でもこれだけは言わせて欲しい!なんでNTTvsユニシスを開幕2日目で消化してしまうの!!!!全勝対決最後にさせてよ〜〜〜。

ということで、初日は危なげなく勝利したものの、2日目のNTT戦でイノカネがコガサイに負けて(その前のシングルスで坂井さんが桃田さんに負けていたため団体としても敗北し)、この時点で2位通過がほぼ確定してしまいました。
去年の福島大会でもイノカネがコガサイに負けてしまっていて、今回は2ゲーム目の途中までは勝てそうな流れだっただけに、残念!
でも前回は会場にいなくて、結果だけ知って悔しいなって思ったけど、今回は目の前で見てたからなおさら悔しいという感情が湧いてきました。
こうなったら、イノカネがコガサイに圧勝するまで、ずっとずっと応援したいと思うのです。私の応援が力になるのかは置いといて笑

せっかくなのでいただいた写真を載せさせていただきます

余裕がある試合の落ち着いた顔も好きだけど、紙一重の試合で真剣にスイッチが完全に入りきった顔がやっぱりかっこいいと思ってしまう私です。
ただ、あのSJリーグのシールは何というか・・・いる??写真整理した時に何の試合かわかるのは良いんですけど、せっかくミズノさんが完璧にデザインしたユニフォームのデザインが崩れるのが私はちょっと悲しい・・・。

うわ・・・カッコよすぎる・・・。

さて、悔しい結果になった高岡大会ですが、実は遠藤・岡村ペアがめちゃくちゃ面白かったので、まだ見てない方是非動画探してみてください。
遠藤さんがおかむーに教えながら、フォローしながら、試合を完全に一人でぐいぐい引っ張っていく感じがね!ものすごかった!!
遠藤さんの凄さって、すごいんだけど上手く言葉にできないな・・・って思っていたけど、今回の「ゲームメイク」はもう漫画のキャラクターなんじゃないかって位すごかったです。手塚ゾーンならぬ遠藤ゾーンみたいな。全部遠藤さんが支配している感じ。めっちゃカッコ良かった。

USA!!な熊本大会

さて、今年は4試合しかないのに、2試合ずつ2会場で終わってしまうという、ファンとしては少し悲しいユニシス男子の日程。
試合数多くて、去年の沖縄大会みたいに、代表選手がいないからシングルスの選手までダブルスに回して総力戦・・・みたいなチームの底力が見えるのもSJの魅力だと思っていたので悲しい気もするし、会場に毎回イノカネがいるもは嬉しい気もするし。ファンはわがままですね笑
ちなみに熊本大会は毎回、オープニングアクトが派手なので有名です。今回もみんなでUSA!!やりました。選手が楽しそうなのを見てるのが一番楽しい。

拓馬さんの涙に、そういうことなの!?ってザワザワ


熊本大会は無事に2連勝だったのですが、一つザワザワしたポイントがありまして。
それが、拓馬さんが試合に入る前、全員とハイタッチ(ちなみに早川さんだけおでこにハイタッチして、みんなに突っ込まれてました)してたんですよ。
ふとよぎる「引退!?」の文字。確か、総合のインタビューでも「これが最後の総合」って言ってたし・・・。
もしそうだったとしたら、引退試合に立ちあえることは、正直ファンとしてはこの上ない幸運です。ということで、一つ一つのプレーを目に焼き付けようと見ていました。
試合後、泣き出す拓馬さんを見て(拓馬さんって涙もろいですよね?)あぁやっぱり・・・と確信に変わりました。そして全体の集合写真。こうやって、また大好きな先輩が一人、チームを去るのかと思うと、上手く言い表せない感情です。


選手の引退って、ファンが知るのは引退式の時なんですよね。だから、どんなに応援してた選手でも、後になって「あれが引退試合だったんだな」ってわかるっていう。どれだけ応援してても、最後の試合に自分が立ちあえるかは分からない。そう思うと、ちょっと切なくなりました。
できれば、イノカネが引退する、またはペアを解消することがあったら、絶対に最後の試合はその場にいて、ちょっと泣きたいなぁと思うのは、私のわがままですかね笑

拓馬さんの試合が終わった後、イノカネが第2ダブルスを戦う時に、試合前のハイタッチに拓馬さんがいなくて(着替え?)キョロキョロする拓斗君を見た時に、改めて最後なんだなぁって感じがして、謎にそこでもグッときたひよこまめでした。

ちなみにこのタイミングで私は沖縄に来ていたので、沖縄➡︎熊本➡︎(次の日新潟に朝から飛ぶために)福岡➡︎(月曜にユニ女の試合がある)新潟➡︎(翌週のTOP4まで一週間は東京勤務にしてもらったので)東京➡︎(SJ終わって)沖縄 という移動スケジュールだったんですけど、とにかく寒かった!びっくりするくらい本州寒い!!でもこんなめちゃくちゃな移動、しかも一切観光せずに行ったの体育館だけ、なのはバドミントンファンの醍醐味ですよね〜。私以外にも熊本と新潟はしごした人いたら、ご一報ください。日程のタイトさについて語り合いましょう笑

運命のTOP4トーナメント

さて、結論から言うと、ユニシスはTOP4トーナメントの準決勝でトナミさんに負け、3位決定戦で日立さんに勝ち、3位という結果でした。
みんなが全力で戦った結果なので、ファンとしてはお疲れ様でした!という気分です。
でもやっぱり、勝って終わるっていいね。来年は是非、午後に勝って終わりましょう。

今年は期間も長くて、年も跨いで、その間に私はプライベートでの大事件と沖縄転勤があったので、何というか多分一生忘れられない冬になりました笑
バドミントンは個人競技で、普段はバラバラに世界中を転戦してる仲間が、集まって戦う団体戦ってやっぱりいいですよね。

何でこんなにかっこいいの?誰か教えて。

そして拓馬さんの涙にもらい泣きする引退式


私が知る限り、最近は引退式の代表挨拶は女性がしていたので、拓馬さんが話と聞いて嬉しい反面、(絶対拓馬さん泣いてもらい泣きするじゃん・・・)という複雑な感情も。でも引退式をどうしても撮りたくて、わざわざ試合中は撮れないにもかかわらず、一眼をよっこらしょと持って来ました笑


いつも笑顔で、ファンにも優しくて、まっすぐなバドミントンで、コートの外にいるときも「王子」で、それなのに暑い体育館ではすぐに上裸になって女性ファンを(目のやり場的に)困らせる拓馬さん!笑
この時点では、まだ拓馬さんがユニシスにコーチとして残るという情報がなかったので、もう体育館で見れることはないんじゃないかという悲しさもあって。本当に寂しくなるな〜ってやっぱりもらい泣きしてしまいました。現役生活、本当にお疲れ様でした。プレーももちろん、その佇まいからバドミントンの特に女性ファンを大いに増やした功績は計り知れないと思うし、大好きな先輩でした。引退試合と引退式に立ち会えた幸運に感謝。

とか感動してたら、普通に次の試合でコーチ席に座ってて、それはそれで安心&嬉しくてほっとしました!!
拓馬さんの引退でしんみりと幕を閉じたSJリーグ。次にイノカネに会える実業団までざっと半年!ここからは画面越しに世界での活躍を応援します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA